天津市の通信手当に関する個人所得税の納付問題について

分享到微信 关闭
2018-02-05 | 来源:劳动法苑

質問者:不動産HR


質問:弁護士さん、今日は。弊社は、従業員に通信手当を支給するつもりですが、個人所得税を納めるかどうかについて、お聞きします。


江三角•天津 孫亜潔 見習弁護士


回答:こんにちは。天津市地方財務局の《個人通信手当の取得に関する個人所得税政策の公告》(天津市地方財務局2017年第7号)の規定に基き:

一、個人取得した通信手当から一定の標準費用を控除した後、《国家税務総局の個人所得税の関連問題に関する通知》(国税発〔1999〕58号)第二条 "個人取得した公務交通、通信手当から税金の徴収に関する問題"の内容に基づいて、個人所得税を徴収します。

二、費用控除の基準は、以下となります。"現金で支給された個人の(公務)通信手当、あるいは、費用精算で支給された個人の(公務)通信手当について、費用控除の基準が毎月500元(500元を含む)を超えないものとします。この中、公的機関、事業団体から支給した個人の(公務)通信手当の費用控除基準は、天津市の財政?人力社会保険部門が規定した支給基準とするが、毎月500元(500元を含む)を超えないものとします。"



孫亜潔

作者

最近热点

推荐阅读

经济补偿金是否需要缴纳个人所得税

经济补偿金是否需要缴纳个人所得税

版权所有Copyright © 江三角律师事务所 | 沪ICP备12027989号-2 | 021-58883253

互联网新闻信息服务许可证:3112014002

会员注册

*

请填写常用邮箱

*

支持中文、字母、数字,4-20个字符

*

请输入您的手机号

*

请输入6-14个数字、英文或特殊字符

*

两次密码输入需一致

*

请填写验证码

如果您已经是会员请登录,带*的必须填写

帐号登录

忘记密码?

没有劳动法苑帐号?立即注册

免费订阅劳动法苑每日资讯